2017年10月03日

久々に!!

jyuuka388-2017.09.31.jpg
久々に気合が入りました。
スランプでないが…何だたんでしょう
柳がスンナリ言う事を聞いてくれました。あぁ~生立華が活けたい
seirituka1-139..2009.10.11.jpg
8年ほど前の作品ですね。懐かしいですね(~_~;)う〜ん
さあ気合を入れて頑張ろう…
    本当に頑張るの?頑張れるの?…
              ……. . .  眠い(睡眠)眠い(睡眠)寝たよ…寝た…ネゴとも言わずに寝てるみたい眠い(睡眠)
                                           だって!
posted by hanamaruman at 02:16| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

富士

seirituka1-170.2012.01.28.jpgseirituka1-98.jpgseirituka1-104b.jpg
富士流しと言う一つの形としての生け方です。真ん中が一番それらしく思います。
seirituka1-173.2012.03.10.jpg
上の3点と対照的な内添(枝のポジションの名前)流しです。4点とも同じポジションの枝を矯めて(まげて形を整える)いますが、表情がずいぶん違います。
世界遺産になった富士ですが、昔からその美しさは、人々に愛され絵に描かれたり、写真に収められたりしてまいりました。数日前の初日の出は、テレビにダイヤモンド富士が放映され、数多くのコレクターがカメラを構えました。
遠州流系の生け花でも、江戸の昔から追い求めてまいりました。富士は、やはり良いですね。




posted by hanamaruman at 04:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

入船?

2013年6月8日のお稽古
入船?生立華でなのでまぁ…決まり的なものは無いのですが、雰囲気的には、船にしておきましょう。快調に帆を張って走ってきた船が港に入るとことかな?
天の川、いと川波は、立たねども、さもらひかたし、近きこの瀬を‥万葉集より   山上憶良(やまのうえのおくら)
   もうすぐ七夕ですね😃さもらひかたし…近くて遠きは男女の仲ですかねε= (++ )今も昔も┓(-。-;)┏ ムード
 
            まぁ…何年振りかの更新ですが…相変わらずですね成長は\(◎o◎)/!と言うのお見たいですね(^_-)-☆
                  💤💤((p(>_<)q)) 💤💤➰➰➰zzz

jyuuka270-2013.06.08.jpg
posted by hanamaruman at 01:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

2012年7月21日のお稽古

h20120818.jpg
檜扇(ヒオウギ)の生立華***5行生け(真、小真、内添、受、留)
ためがきかないのでふらふら無理をすると多少は出来るのですが、あまり無理をせずに生けました。まずまずのまとまりで足元だけはしっかりと整ったわーい(嬉しい顔)
    もう少しサボらずに真と内添と小真のあたりもう少し何とかしたら…
          ウゥーム(ーー;)ためるのサボった(_ _;)。。。
               眠い(睡眠)眠い(睡眠)寝たよ…寝た…ネゴとも言わずに寝てるみたい眠い(睡眠)
posted by hanamaruman at 02:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

凍結中の様なサイトですが、微かに息をしています。

何とか花リレーをボツボツと動かしていますが、そこにアップした作品を各ページに載せて行くのが止まってしまって…次々と消えてしまってふらふら気になっていたのですが、とりあえず履歴ページを作りました。生立華も少し成長したのかな?昨日のお稽古の時(自由花ですが、)副家元に「ちょっと変わった?」と尋ねたとこと、「yes」との事でした。ー(長音記号2)壁が少し…かな?ー(長音記号2)ー(長音記号2)
posted by hanamaruman at 05:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

桜…少しルール違反の胴流し

何とか生きてたと言うぐらい久々の更新です。
しかも2010.03.13の作品
桜***生立華 同流し
少しルール違反ではあるが、お許しを頂いた作品です。
 銅を流す時正面を横切らないで、下から(器のあたりからそれ以下)を通るようにするのですが、ちょっと失礼致しまして、横切ってしまいました。
 「細い枝なので…いいかな…?」と思っていましたが、さかさなのですか〜がく〜(落胆した顔)
 よっぽど良い枝ぶりでどうしても使いたいとか、インパクトの強いものを意図的にするのが常套手段だそうです。
 「うぅ〜む…無いと寂しいし…・・・」と言う事で今回は、こういう作品になりました。わーい(嬉しい顔)
          
    これは、寝言…寝言…眠い(睡眠)ふらふら眠い(睡眠)
posted by hanamaruman at 05:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

久しぶりの水仙(^- °*)うふっ♪

2009年2月1日の教授会

 久しぶりに水仙の生立華です。今回は針金等の手法は使わずにそのままの味わいで生けました。うぅ〜この手触り…感触…
      ………生け終わった後の清々しい感触♪♪此れが花の良さでしょう!!。
  あぁ〜続けてこれたのはこの心地よさかも…
posted by hanamaruman at 00:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。